地方と東京圏の格差

店舗型の風俗店は、働く女性にあまり差がないが、

デリヘル店は、地域密着性が強いので、

働く女性にも差があるみたいです。

雇用・所得環境は、地域によってかなりの開きが生じている。

全国各地に集積する風俗産業で働く女性たちの就業動機にも、地域による差異が生じている。

たとえば、東京圏に立地する風俗産業で働く女性の経済環境を調べてみると、

極端に家計が苦しいとか、借金を抱えて生活に困っているといった事情はうかがえない。

これは、多くの企業が人手不足になっているため、

わざわざ風俗産業に飛び込んでいかなくても、条件のいい働き口がいくらでもあるからだ。

では、なぜあえて風俗産業で働くのか?東京圏の風俗産業で働いている女性の多くは、

高級ブランドのバッグや洋服を買ったりするお金欲しさから、

給与水準の高い風俗産業で気軽に働いている。

つまり、さらにより豊かな生活を享受したいという理由から、

女性が風俗産業で働いているケースが圧倒的に多いということだ

その一方、地方圏の風俗産業で働く女性の場合には、

高収益が得られるという理由から、やむをえず、

風俗産業の世界に入ってくるケースが少なくない。

今後も、地域間の格差は拡大していくとみられることから、

地方圏の女性たちにとっては、

地元の風俗産業が就業先としての重要性を増してくることが予想される。

デリヘル利用者からすると、どうしてこんな人が風俗でなんて驚きも、

地方のデリヘル店で多いかも。

素人みたいなデリヘル嬢が好きな男性には良いかも。

でも、綺麗な女性が大勢働いていますから、

これからもっと楽しみが増えるかもしれません。