温泉地のストリップで

日本の歓楽街と言えば有名な所がありますが、

そんな歓楽街のない地方、でも、風俗がないのかと言えば

歌舞伎町や、ススキノ等とは違う

風俗が発展していて、

それがとても面白いんです。

それは、温泉地と共に発展してきました。

日本には温泉が死ぬほどあるということ。

最近はボーリング技術が発達しているので、

とりあえず掘ったら出るらしいですが

そして、そんな温泉には裏風俗が高確率で存在する。

温泉街ならではの仕組みも多く、

お馴染みの「ピンクコンパニオン」をはじめ、

「旅館の仲居と交渉して女をあてがってもらう」

「旅館の仲居そのものが売春をする」果ては「酌婦」という職種まであるという。

同時に、温泉街近くには、

独自の進化を遂げたソープランドが存在していたりもする。

さらにさらに、連れ出しスナックという業態も多く見られる。

温泉地で、軽く風俗と言えば、ストリップでしょう、

昔は、どこの温泉地にもあったみたいで、

繁盛していたみたいなんですが、

今も、温泉地にストリップがあるみたいで、

知人が、温泉地のストリップに行った時、

受付で、おばあちゃんに、お金を渡して待っていると、

そのおばあちゃんがステージで脱ぎだしたそうなんです。

なんて奥が深いんだ。恐るべし温泉風俗。

面白い経験も良いですが、最後は、やっぱり

成田デリヘルにのっているようなお店に行くのが良いですね。