18歳未満なので販売できません

日本の法律で、おかしいなと思うことや、

現実と本音の部分で違う法律なんかが存在します。

全国で唯一、18歳未満に避妊具を販売しないよう

求めていた長崎県少年保護育成条例が撤廃された。

言い方を変えれば、18歳以下の人は、

生でセックスをするようにと言う事なんでしょうか?

長い間時代遅れと指摘されてきたが、

性体験の低年齢化が進み、

ようやく現状を追認した形だ。

産婦人科医などは「性教育充実の好機」と歓迎するが、

教育現場や家庭には戸惑いもある。

条例は1978年施行。

ドラッグストアなどを対象に、18歳未満には避妊具を

「販売、または贈与しないよう努める」との罰則のない努力義務を課していた。

しかし、エイズなど性感染症の問題が取りざたされており、

時代遅れの条例なのではないか?そんな指摘をする声がありました。

「この条例を撤廃すれば、未成年の性行為を認めたも同じだ!」

と考える保守的な議員さんも沢山いたそうです。

ただし、こんな条例があるからといって、

「あなたは18歳未満なのでコンドームを販売できません」

とする店舗も見当たらないようで、

条例が機能していませんでした。

日本人の性に関する考え方は少し変なんでしょうか、

長崎は、風俗店を営業する事が出来ません、

ですが、デリバリーヘルスならOKで、

多くのデリヘル店があります、

何を規制したいのか解らない状況です。

自分たちの建前だけの法律なんでしょう。

規制されれば、より面白い風俗が出てきます。

なので、姫路デリヘル情報サイト デリエッチ姫路に掲載されているお店で楽しむ事が出来るんですね。