新しい風俗は地方から生まれる

日本人は東京が大好きです、

東京で流行っている物が全てで、

流行っていない物は『ダサい』という事です。

東京の繁華街である銀座・新宿・渋谷あたりは、毎日のようにテレビに出て来ます。

それらの効果によって、東京のイメージは

デパートやショッピングビルなどが立ち並ぶ繁華街に結びつきます。

さて、東京以外の大都市でイメージされるものと言えば、こんなものでしょう。

札幌はススキノ、名古屋は喫茶マウンテン、大阪は道頓堀川、福岡は中洲…。

もうお分かりですね。

東京以外の大都市では何故か歓楽街・風俗街といった、

「アウトロー系タウン」の方が優先して取り上げられ、

東京で言えば銀座・渋谷的なショッピングタウンは、

とことんスポイルされる傾向にあるのです。

恥ずかしながら私は、先日初めて福岡に行ったのですが、

天神渡辺通りの賑わいがあれ程のものだとは思っていませんでした。

実際見たらやはり圧巻でした。

何故思っていたのと現実とのギャップに驚いたか。

それは東京にいると、天神の映像や写真など見る機会が非常に少ないからなのです。

今や完全に観光客しか寄り付かなくなってしまった、

中洲の屋台街は頻繁に映されるのに、です。

このように、東京のマスコミは地方都市の繁華街はほとんど映しません。

名古屋で言えばJRセントラルタワーズ、大阪で言えば梅田のビル街なども、

東京のマスコミに無視されている光景でしょう。

でも、風俗業界では話は違ってきます、

風俗の流行りは、大坂や飲み屋系なら、名古屋が発祥地のお店風俗が多いです。

東京は、流行を広める事は出来ますが、新しい物を作り出す事はないようです。

風俗業界においては特に。

今ではネットで簡単に閲覧でき、

地方の風俗の情報も、久留米 デリヘル情報サイト等で見れますので、

地方の風俗をチェックしておくと、楽しい事を見つけられるかもしれません。