北海道・東北地方のデリヘル

2012年1月27日

風俗のメッカ・すすき

全国を旅していると色んな土地で風俗を利用するのが楽しみです。そんな中でも、北海道は風俗のメッカ・すすきのを擁していることもあり、数多くのデリヘル店が存在します。デリヘル店のバリエーションも多く、夜遊びにはもってこいの地域と言えるでしょう。

北海道のデリヘルの特徴としては、利用料金が安く設定されていることです。お店によっても異なりますが、60分9000円~とリーズナブルに遊べるお店もありますので、お小遣い制のお父さんでも安心して楽しむことができます。

一方、東北地方のデリヘルは都心部とそれほど変わりません。料金も標準的な設定となっています。 特徴としては、郊外のホテルを利用する機会が多いことから、交通費をサービスしてくれるデリヘル店が多いことです。

本来ならば、交通費が高くついてしまうところですが、リピート率を上げるために交通費を無料サービスしてくれるデリヘル店が多く見られます。地域ごとに様々な特色があるデリヘルですが、遊び方に関しては全国的に大きな違いはありませんので、安心して楽しむことができますよ。

東北地方のデリヘル

デリヘルを結構長い間利用している。その中でも、1つのお店は、かなり利用していて、女の子の予約電話をする時に電話に出るスタッフの人とも中が良くなってるくらいです。そのスタッフさんに聞いたのだが、今、東北地方のデリヘルが結構売上が上がっているらしいのだ。

もちろん震災が影響しているのであろうが、一体どういうカラクリで、震災が当地のデリヘルの売上とつながるのか、イマイチ分からない。ただ、友人と話していて、おそらくこうではないか?というものが見えてきた。震災後しばらくは、もちろんデリヘルをはじめとした風俗に限らず、あらゆる産業が商売どころではなかった。

それに、営業していたところで、利用客もなかっただろう。しかし、震災発生から半年が経ち、壊滅状態を免れた地域は、ほぼ通常の都市機能を復活させている。当然それらの地域にあるデリヘルも営業を再開しているだろう。そうなると、震災の影響をモロに受け、長らく避難所生活を続けていた若者の中には、当然性欲が溜まりに溜まっている者もいるだろう。いや、かなり多い筈だ。

そうした若者達が一斉に多少身動きが取れる状態になり、近場の都市へ行ってデリヘルを利用し始めたのではないかと思うのだ。なにせ男というのは、イライラやストレス、疲れが溜まると、余計に性欲が湧いてくる傾向がある。被災地の独身男たちの性欲の溜まりようは相当なものだろう。それらの多くが風俗を利用し始めたとなれば、確かににわかにデリヘルの景気が良くなるのも分かる気がするのだ。デリヘルを利用できる事は、幸せな事かも、なので、仙台 デリヘルで今日も、幸せになります。