大分といえば、ソープも有名ですがデリヘルも大人気です。

2012年2月28日

ココ数年で一気にソープ街として有名になりました。

別府は温泉地/観光地であり、温泉に加えてソープも楽しめ最高の旅を演出してくれます。一昔前の別府はかなりサビレていましたが、最近では、駅も新しく立て直したり、地域全体の活気が戻ってきました。女の子のレベルもかなり上がってきましたね。

特徴としては、女の子は若い子がほとんど18歳~25歳くらいまで。そんな別府はデリヘルもレベル高いみたいです。なので、久しぶりに、別府でデリヘルを呼んでみました。大分 デリヘル デリエッチ大分で好みの子を事前に見つけたいたので、受付に電話して、部屋番号を伝えると、いまから向かわせますとの事。

20分ほどして女の子が到着。まずは、お風呂。お風呂で軽く洗って、歯磨きしてベッドへ。まずは、女の子が、横になり私が責める。キスから、順番でなめていき、指を挿入。結構キツ目だ。 だいぶんぬれてきたので、正上位の体勢になり、いつものように正常位スマタでアソコを擦りつける。

ヌルヌルした感触と、イヤラシイ女の子の顔を見てるとイキそうになったので、攻守交替。今度は私が横になる。乳首からなめられ、フェラ。上手いです。 上手く手を使いながらのストローク。5分ほどフェラを堪能していると、イキそうになり、彼女のフェラも止まらない。このまま口内発射か?というところで、「やばい、イキそう」というと、女の子の動きが激しくなり、気持ち良くお口に発射。まだこの時点で時間は1時間以上あるので、しばらく世間話や恋話。

残り20分となったところで2回戦が始まり無事発射。最後、連絡先を聞いてみるも、「えっ!おしえたことないよ~。じゃあこんどまた指名してくれたらおしえてもいいかな。」 とかわされ、終了。かわいくておすすめです。

温泉地のストリップで

日本の歓楽街と言えば有名な所がありますが、そんな歓楽街のない地方、でも、風俗がないのかと言えば歌舞伎町や、ススキノ等とは違う風俗が発展していて、それがとても面白いんです。それは、温泉地と共に発展してきました。日本には温泉が死ぬほどあるということ。最近はボーリング技術が発達しているので、とりあえず掘ったら出るらしいですがそして、そんな温泉には裏風俗が高確率で存在する。

温泉街ならではの仕組みも多く、お馴染みの「ピンクコンパニオン」をはじめ、「旅館の仲居と交渉して女をあてがってもらう」「旅館の仲居そのものが売春をする」果ては「酌婦」という職種まであるという。同時に、温泉街近くには、独自の進化を遂げたソープランドが存在していたりもする。さらにさらに、連れ出しスナックという業態も多く見られる。

温泉地で、軽く風俗と言えば、ストリップでしょう、昔は、どこの温泉地にもあったみたいで、繁盛していたみたいなんですが、今も、温泉地にストリップがあるみたいで、知人が、温泉地のストリップに行った時、受付で、おばあちゃんに、お金を渡して待っていると、そのおばあちゃんがステージで脱ぎだしたそうなんです。なんて奥が深いんだ。恐るべし温泉風俗。