福岡のデリヘル嬢が喋る博多弁にすごく萌えた!

2012年4月5日

デリヘルで方言を聞くとテンションが上がる!

普通に地元でデリヘルを呼ぶ方が無難ですが、どこか旅行に行った際、気分が開放的になり、ついついデリヘルを呼びたくなるのは私だけではない筈ですそして旅行先での風俗遊びというのは、その地方特有のご当地ならではを味わう楽しみにも繋がる。しかし、基本的にはどの土地でもプレイ内容は異ならず、ソープならソープにありがちな、ピンサロならピンサロにありがちな、というように、各業種に沿った内容でしかないのが現状だ。

そのように考えると旅先でのデリヘルというのは、特別何も変わらない事になるのだが、しかし、ご当地ならではというのは決してプレイ内容ばかりではありません。それは各地方の方言ですね。その地方で生まれ育ち、その地方で勤めている風俗嬢の場合、方言を直す理由などないのだから、話す言葉は天然の方言です。

このように各地方のデリヘル嬢が話す方言というもの、実に可愛いものです。旅先でのデリヘル遊びをオススメします。特に博多弁の女の子は、喋りが可愛かったです。地方に行っても、女の子の見た目は変わりませんけど、何か雰囲気が違うと思うのは、言葉のせいじゃないでしょうか?かつてはその土地独特の話し言葉として他地域の人々には縁遠かった「方言」。

福岡のデリヘルの子が喋る博多弁に癒やされた!

最近では方言を話すタレントも多く、テレビなどで耳にする機会も多いのでは。中には方言を武器にした女性タレントも登場していますが、女子が使うとかわいい方言といえば何?1位に選ばれたのは京都弁でした。京都弁には音を伸ばして話す傾向があり、のんびりした口調を「かわいい!」と思う男性は多いのかも。

2位には博多弁がランク・イン。博多弁独特の柔らかい響きに思わずキュンとしてしまう男性ファンもいるのでは。京都弁や博多弁以外にも様々な地方の言葉を話すタレントが登場してきている昨今。人々の方言への憧れは強いようです。

職場や公的な場では「標準語を話さないと」と思って普段は標準語を使いこなしている女性も、プライベートでは思い切って方言で話してみると、普段とは違うあなたの口調に惹かれる男性がいるかもしれません。地方で、福岡 デリヘルアラベスクを利用したときに、やって来た女の子が、言葉のイントネーションが可愛い。それだけで、何時もより、得した気分になるんですね。